Profile

林 ももこ

林ももこ
東京都出身のシンガーソングライター/作詞家/作曲家。
現在フリーで活動中。

ABC朝日放送でのTVアニメ『フレッシュプリキュア!』EDテーマやゲーム音楽等を担当、作家としても多数作品に楽曲提供中。

ライブが来た人たちの『居場所』になるようにという思いを込めながら、イベント主催、ライブ活動中。
去年は東名阪ワンマンツアーで数百人規模を動員。

「LIFEをLIVEする!」が合言葉。
好きなもの:
ブロッコリー、野菜、宇宙、
飛行機、富士山(富士山検定3級保持)
好きなこと:
梅酒作り、空港へ行くこと、イラスト、創作料理、旅
好きな音楽:
Diana Krall、槇原敬之、オリジナルサウンドトラック、T-SQUARE、吉俣良
特技:
イントロクイズ、遅寝早起き

2006〜2007年

KONAMI『実況パワフルプロ野球』や「音ゲー」ブームの先駆けとして今なお高い人気を保つコンポーザー、猫叉Master(佐藤直之)作曲の任天堂Wiiゲームソフト「Elebits」(KONAMI)のテーマソング「The Smile of You」日本語ver.作詞・歌唱。(heidy名義)
作詞家として中森明菜、奥田美和子らに作詞提供。

2008年

男女ユニットとして活動していた『Wonder-holic』がレコード会社オーディションにて800組の中からグランプリを獲得し、avex販売網からメジャーデビュー。
デビュー曲は日テレ系『ぐるぐるナインティナイン』のエンディングテーマ曲としてお茶の間に流れ、2ndシングルではポルノグラフィティなどをプロデュースしている本間昭光氏をサウンドプロデューサーに迎える。
同年、活動方向転換のため解散、ソロへと転向。

2009年

テレビアニメ「フレッシュプリキュア!」(テレビ朝日系)ED曲「You make me happy!」「H@ppy together!!!」前期・後期ともに歌唱担当。
同アニメのボーカルアルバムにも多数参加。またシンガーソングライターとして初のシングルを発売し、完売させる。

2010年

1st.ミニアルバムを発売。タイトル曲「君の傘」のPVは大阪の各メディアにオンエア。
和歌山で開催のイベントに杉田二郎・ばんばひろふみ等と共に3連続出演。

2011年

「レベッカ」リーダー、Key.土橋安騎夫氏のセルフカバーアルバムに歌唱参加。2nd.ミニアルバム「桜色」発売。

2012年

2nd.ミニアルバムを携え全国各地を巡る桜前線・梅雨前線ツアーを開催。
世界中で親しまれている知育スマホアプリ「おやこでリズムえほん」(100万超ダウンロード)では多数の楽曲を歌唱担当。
年末の和歌山カウントダウンではmihimaru GT等と共に会場を沸かせる。

2013年

ライブサーキット2013と題し、各地をライブツアーで巡る。
主催2マンライブを毎月開催。さまざまなアーティストとコラボレーションしながら、ツアーファイナルをTSUTAYA O-nestにて大盛況のうちに終了。3rdアルバム「TAKEOFF!! 」をリリース。
KONAMI発売、猫叉Master(佐藤直之)のアルバム「Cravice」収録「WORLD COLOR」「Rainbow after snow」にて作詞・歌唱担当。同社発、REFLEC BEAT colette内楽曲「Flying Soda」作詞・歌唱。同ゲーム内楽曲「ロボット☆ライフ」に作詞・歌唱で参加。

2014年

朝日放送で毎週日曜日放送のアニメ『ドキドキ!プリキュア』のアルバム収録曲「夏の流星群」「I'm home」を楽曲提供、歌唱担当。
『プリキュアメドレー2013 ver.』で歌唱参加。
スクウェア・エニックスから発売されたスマホ向けアクションゲーム『GUNS&SOULS』にて[モモコ・デュメル]として本人をモチーフにしたキャラクターのテーマソングを担当。
秋から初の東名阪ワンマンツアーを開催。数百人を動員。

2015年

KONAMI発売の猫叉Master氏のアルバム「Fllow Slowy」収録「Flying Soda(作詞)」「TWINKLING」歌唱担当。オリコンチャートを賑わす。
映画「プリキュアオールスターズ春のカーニバル」では林ももこ歌唱のフレッシュプリキュアED「Youmake me happy!!」が使用され、世代を超えたファンに届けることとなる。
2015年TRYANGLE企画を旗揚げ。
二ヶ月に一度開催さまざまなアーティストとのコラボレーションやリリースを展開。
アニメソングからシンガーソングライターシーンへと幅広く活動。

2016年

自身初となるホールワンマンライブを渋谷マウントレーニアホール(300人キャパ)にて開催。
大盛況の内に幕を閉じる。
また同日5枚目のアルバム『I:』発売。
現在もライブやイベントを中心に活動中。

LIFEを LIVEするのだ!

林ももこを語る上で欠かせないのがブログ。
ブログブームが訪れる遙か前(1998年頃)から匿名で始め、誰が見ているのかもわからないまま言葉をつづり常に自らの生きる姿を発信してきた。
“LIFEをLIVEする”それが林ももこのテーマかもしれない。

トップに戻る